河村整骨院

河村整骨院

受付時間 8:00〜12:00/16:00〜20:00(日曜・祝日、水・土曜の午後 休診)

シップの使い方

湿布とは!?

局所の炎症を抑え、痛みを和らげる湿布。意外かもしれませんが、世界にあまり例のない日本特有の薬剤なのです。

「腰がなんとなく痛いなぁ」と感じるのは、腰の痛みを発している部分から、脳へ「痛い!腰に異常があるよ」という信号を『痛覚』の神経によって送っているのです。その時にこの部分に「湿布」を貼ると、「ひんやり冷たいモノが腰に触れている」「腰がポカポカ気持ちよい」と感じる『触覚』の神経が脳に心地よさを伝えます。

『触覚』は『痛覚』よりも神経線維が太く、『心地よく触られている』という感覚が『腰が痛い』という感覚よりも速く脳に伝達されるため、痛みを抑制し緩和させることが出来るのです。

 

冷湿布と温湿布の違い

一般的に、皮膚に張った時に温度が下がるものを「冷湿布」、上がるものを「温湿布」と呼びます。

冷湿布は、局所への刺激作用や清涼感を持つメントールなどを配合しています。これらの成分は、冷たさを感じる神経を刺激し、ひんやりとした感覚を与えます。また水分を含んだ冷湿布の場合は、体表面の温度を少し下げる効果があります。

一方、温湿布は通常の冷湿布に、カプサイシン(唐辛子成分)など局所の血流を活発にする物質を配合し、皮膚の温度を上昇させるようにしたものです。しかし、温度上昇の効果はごくわずかで、深部まで温めるほどの作用はありません。慢性的な血行不良によるコリには、わずかでも血流量が増える可能性のある「温湿布」が良いかもしれません。(血流量に影響するかどうかには個人差があります。)しかし実際には温めるというより、温感を上げるというのが実情です。

 

冷湿布と温湿布の使い分け

さて、冷湿布と温湿布の使い分けですが、いずれも同じ消炎鎮痛剤を用いているので、薬としての効果は同じです。冷感と温感のどちらが気持ちよいか、好みに応じて使い分けて下さい。しかし温湿布はカプサイシンの刺激が肌に合わず、かぶれる可能性が高く、またぎっくり腰など急に体を痛めた場合は、深部に炎症があり熱をもつことも考えられます。ですから、皮膚だけとはいえ、温度を上げる可能性のある温湿布は、避けたほうがよいでしょう。

 

当院ではより安全な冷湿布をお勧めしていますが、肩こりや腰痛をおこすには原因があるはずですので、それをつきとめつつ、ツライときには湿布で心地よい、楽に感じる時間をつくるとよいでしょう。

こむら返りと栄養

こむら返りと栄養について

 

こむら返りの原因の一つは血液中のミネラル(特にカルシウムやマグネシウム)の濃度の乱れがあります。カルシウムもマグネシウムも筋肉の収縮に関係する大切な栄養素です。

汗をかいた時にはこの濃度が濃くなり、また水分を取りすぎた時は薄くなり、どちらも筋肉の収縮がうまくいかなくなりこむら返りをおこします。そこで・・・

1:汗をかいたら水分補給

喉が渇く前の水分補給。寝る前にコップ一杯の水分補給

2:毎日ミネラル分の不足しがちな人はミネラル補充

例えば糖分の多いジュースやお菓子、ファーストフードをよく食べる人や偏食の人など。また妊娠中の方は、カルシウムやマグネシウムが不足しがちです。

1日の所要量 
カルシウム   成人の男女 700mg
マグネシウム  成人男性 300〜320mg
           成人女性 250〜260mg

食材としてはカルシウムなら小魚、乳製品、大豆、ゴマ、ヒジキなど。マグネシウムはアーモンドなどのナッツ類、海藻類、ゴマ、玄米、大豆などから摂取できます。

 

)朝食  牛乳1本(Ca230mg(Mg30mg)

           納豆1パック(Ca45mg)Mg50mg

    昼食  ししゃも3匹(Ca200mg(Mg30mg)

           ひじき小鉢1(Ca140mg)Mg60mg

  夕食  厚揚げ1/2(Ca300mg)(Mg60mg)

           豆乳1(Ca60mg)Mg50mg          合計 Ca975mg Mg280mg

   (Ca=カルシウム   Mg=マグネシウム)

なかなか大変です・・・。無理な場合はサプリメントなどで補うのも一つの方法ですが、基本的にサプリメントで摂るよりも食材からきちんと摂取したほうが、身体にはいいそうですよ。

こむら返りとは

夜寝ている時、ふと足を延ばした途端激痛が走った経験はありませんか。あまりの痛さに、眠気がふっとんでベッドに固まってしまった人も多いと思います。また、普段運動不足で準備運動せずにスポーツした時、突然ふくらはぎや足の裏がけいれんを起こした経験のある人も多いでしょう。これを「こむら返り」といいます。

 

こむら返りはなぜ起きるのでしょうか。原因とそのメカニズムを説明しましょう

 

こむら返りの「こむら」はどこのことかというと、「ふくらはぎ」のことです。ふくらはぎなど、ある筋肉だけが強く収縮し続ける"異常収縮"の状態になっているのが、こむら返りです。

人の体の細胞内にはカリウムイオンが、血液の中にはナトリウムイオンが多く含まれていて、筋肉が収縮するときにそれぞれが細胞の中と外を移動しています。この時、血液中の水分が不足していたり、体内のイオンバランスが崩れたりしていると、それらの移動が上手くいかなくなり、筋肉の収縮ができなくなってしまうのです。スポーツで多量の汗をかいた時などは、汗と一緒に体内のミネラルも流れだしイオンバランスが崩れてしまいます。(各ミネラルの話はまた後日・・・)

また、末梢神経が過度に興奮している時にも、こむら返りがおきます。 長時間の立ち仕事や歩行などによる足の筋肉疲労が血行不良を起こし、末梢神経に負担をかけてしまうことがあります。そのため、末梢神経が過度に興奮することになり異常な信号が筋肉の異常収縮を起こし、こむら返りを起こします。

 

こむら返りが起きた時には、どのような対処法をしたらいいのでしょうか

 

とりあえず、膝を伸ばした状態で足首をグーッと反らします。または、足の親指を足の甲の方にそらすようにします。そして、ふくらはぎを伸ばすようにしてストレッチします。

この方法は、一般的に良く知られた方法だと思います。これにプラスして、スネの横の筋肉(右脚ならスネの右側の筋肉)をトントントントンと叩くようにして刺激してみてください。

スネの横の筋肉は「前脛骨筋(ぜんけいこつきん)」と言います。足の疲れをとる“足三里”のツボなどがある重要な筋肉です。そして、しばらくは、こむら返りした筋肉に負担がかかるような運動は避けるようにした方がいいでしょう。

精神面での対処法もあります。フランスの催眠療法家であるクーエが考案した自己暗示法です。「痛みが消える。消える。消える。消える。消える。消える。消える。・・・」と、何も考えられなくなるほど繰り返し唱えるのです。これで痛みを抑えることができる!そうですが・・・

 ちょっとマユツバな感じですが、試してみてはどうでしょうか。

1

記事カテゴリー一覧

クーポン




診療時間&休診日

診療時間
午前
午後××

午前診 8:00 〜 12:00
午後診 4:00 〜 8:00

休診日
日曜・祝日、水・土曜の午後 休診